[市場情報] 束草観光水産市場 : 市場情報

束草観光水産市場 : 市場情報

束草観光水産市場は6.25戦争でできた市場で、由緒ある市場です。

避難民が定着する過程で生まれたという独特の歴史を持っています。1960年代以降からは周辺の環境が良くなって道路が拡張し、その地域の水産物と干物の中心拠点市場として定着しました。

昔からスケトウダラとイカが有名で、市場の商人たちも大きな好況を享受し、都市で購入する価格の卸売価格ではるかに良い品質の干魚物や水産物を買うことができるという口コミとテレビ放送で広まり、全国から人々が集まる全国型市場になるほど有名になりました。

現代になってさらに良くなった環境や施設、有名な食べ物などで第2の跳躍を開始。

2011年には「旅行するのに良い伝統市場10選」に名をあげ、全国の観光客の心まで捕らえるようになりました。

水産物だけでなくタッカンジョンを売るタッジョン路地も有名で、直接訪れて並んで待ってから購入したりもし、全国からインターネット注文などを通じて購入したりもします。

施設の地下1階は活魚の刺身と水産物専門市場で、塩辛や生きている魚介類などがあり、地上1階は食べ物と多様な農産物、雑貨、粉食などがあります。

若さと魅力があふれる2階は「青春ワールド」という青年モールが造成されています。腕前を自慢する様々な手工芸品とユニークな製品を販売しています。

子どもたちと一緒に来た家族連れの観光客たちがいろいろ体験できる体験活動も用意されており、好奇心と面白さも満たすことができる時間となるでしょう。

片隅には休める休憩所も設けられています。市場で購入した多様な食べ物をそこで座って食べることができ、買い物で疲れた足を休めることができる場所です。